こだわりのタルト、ケーキのお店。 キルフェボン

search

contact us


長田の桃の農園にいってきました


先日、静岡県静岡市の南部 長田(おさだ)地区にある桃の農園にお邪魔し、熱心な生産者の方に色々とお話を伺ってきました。



長田の桃

静岡市の長田地区で栽培された桃
温暖な気候・水はけの良い砂地・海風、立地を活かした栽培で露地の桃としては、全国で一番早く市場に出回るとも言われています。
今年は5月9日に東京や名古屋に初出荷されました。桃の流通量が増えるまでは静岡市内では滅多にお目にかかれないそうです。

長田の桃


桃の花から実になるには

桃は3年かけて実が成る木になります。(まさに桃栗三年柿八年!)
また、花の状態から商品として出荷される実はごくわずかだそう。
花から小さな緑色の実になった状態の時と、ある程度の大きさになった時点で摘果を行います。
摘果を行うことで、ひとつひとつの実に日が当たるようになり、また栄養が集中し、おいしい桃ができます。

キャンドルナイト


実になってから

桃は、頭の部分(枝についている逆側)からピンク色に色づきはじめます。緑色の実がポツンとピンクに色づき、ピンクが徐々に広がっていきます。また、色づきをよくするために畑に銀色のシートを敷き、光が実によりあたるようにすることもあります。そしてキレイな美味しい桃ができるように袋掛けを行います。

寒蜜(かんみつ)いちごと


出荷

大きさ・色・形を見極め商品として出荷されます。
長田の桃は流通量が多くなると県外だけでなく静岡市内にも出回ります。
生産者の方に桃の生産の中で一番大変なことはとお伺いしたところ、色々な作業のタイミングの見極めが全てだとおしゃっていました。

寒蜜(かんみつ)いちごと

今期の静岡市長田産の桃を使用したタルトの販売は終了しました。



page top



Copyright 2018 qu'il fait bon all rights reserved.